メルライン塗った後のメイクに関して

原則的に、ニキビがある時はファンデーションなども刺激になるのですっぴんをオススメします。でも、バイトやパート仕事へ行ったりクライアントと会ったり、メイクが必要な時も多いですよね。そんな時は、落ちにくいリキッドファンデーションではなく、パウダーでのほうが刺激は弱いそうですね。できれば石鹸とかで簡単に落ちるものが良いでしょう。

 

ニキビがあるとメイクで隠したくなると思いますが、メイクを始める→余計にニキビが掛かる、という悪循環になってしまうと抜け出すのは容易な事ではありません。それに、ニキビででこぼこの肌にファンデーションをすると、浮いてしまって更に肌荒れを強めてしまう場合もあるのです。

 

メイクしようという思いをちょっと我慢して、まずはニキビを直すことをプライオリティさせましょう。さっと我慢すれば、肌の変容に気付くはずです。とはいえ完全にすっぴんという意味にもいかないので、私はメルラインののち、そのまま単にお粉をはたいていました。

 

最初はそうしてもカバーが弱く軽く物足りなく感じるかもしれませんが、メルラインで徐々に綺麗な肌になるにつれ、そもそも大してファンデーションが不要である肌になってきましたよ!簡単簡単お手入れで美肌に生まれ変われるなんて、数か月前の私には信じられない話です。

 

 

関連ページ

高級スキンケアではなく、なぜメルラインが良いのか?
どうして高級スキンケアではなく、メルラインが顎ニキビに良いのか?メルラインってどういった保湿美容液なのか?
すごく簡単なメルラインの使用方法
顎ニキビに特化した美容液「メルライン」。こちらではメルラインの使用方法をお伝えします。